前へ
次へ

病気をバネにした転職もある

最近は、メンタルヘルス疾患が原因で、休職や退職をする人がジワジワ増えています。
長時間の残業などの過重労働があった場合には、業務上の病気と認められるケースも増えていますし、そうした人を取り巻く環境も大きく好転しています。
これまでは、企業の損失(長期欠勤)や本人の経済損失も大きく、加えて、病気が完治しなければ再就職もままならず、転職できたとしても従前の職より収入が低くなることもあり、早いうちに治すことが大切でした。
ですが、こうした病気を理由に退職せざるを得なかった人は、管理職クラスで仕事を頑張る、成績のよい人格者ばかりで、社会に必要な人材であるのは言うまでもありません。
従来、大きなプロジェクトを任される、役立つ人材なのです。
そうした求職者の気持ちを汲み取ってくれるのが転職エージェント、ここには優良企業の求人情報が集まります。
潜在能力はまだまだ未知数で、「働きたい」「もう一度活躍したい」そうした気持ちを汲み取ってくれます。
一時的なプロジェクトに必要な専門職として雇うのです。
トライアル雇用も注目されています。

Page Top