前へ
次へ

人事部に相談して変わらないなら転職をする

中小企業などでは人事を専門的に管理をする部署がなく、役員が人事を決めているところもあります。
大きな会社になると社員数も多くなるので、人事部が社員の情報を把握して役員に情報を提供したりするでしょう。
人事部の役割は適材適所に人材を配置することで、それによって会社の運営を良くする必要があります。
人事異動などを適度に行ってそれぞれの社員の適性を見極め、より会社にとっていい人材配置などを提案するのでしょう。
もし今の職場で人間関係の問題があると考えるなら、転職も視野に入れてもいいですがその前に人事部に相談するようにしてみましょう。
人事部には社員の相談を聞いてくれる役割もあり、働きづらい環境であればそれを汲み取って異動の提案をしてくれる時もあります。
ただすべての人の事情を聞くわけにはいかないようで、相談をしても状況が変わらないときもあります。
変化が無いようであれば転職を進め、より働きやすい環境を求める必要があるでしょう。

Page Top